「レ・ミゼラブル 少女コゼット」タグの記事一覧

レ・ミゼラブル 少女コゼット 無料アニメ動画

フランス革命以降、いまだ混乱のなかにある19世紀前半のフランス。ファンティーヌは3歳の娘コゼットとともにパリ郊外の村モンフェルメイユにやって来る。ファンティーヌは、そこで出会ったひと組の母娘の微笑ましい光景を見つける。それは、この村で宿屋『ワーテルロー亭』を営んでいるテナルディエ夫人と娘のエポニーヌ、アゼルマの母娘が遊ぶ姿だった。その風景にファンティーヌは安心し、夫のテナルディエにも丸め込まれたこともあり、金を払って夫妻にコゼットを預け、仕事があるというモントルイユ・シュル・メールに旅立つ。
しかし、テナルディエ夫妻は相当な悪党であった。コゼットに家事を押し付け、『ワーテルロー亭』の使用人としてこき使って虐待する一方、ファンティーヌにコゼットの養育費を請求し始めたのだ。しかも、エポニーヌとアゼルマもコゼットをいじめるようになる。それでもコゼットは母が迎えに来ると信じて、辛い日々を乗り越えてゆく。テナルディエ夫妻の息子ガヴローシュと愛犬シュシュとともに。
一方、ファンティーヌはモントメイユ・シュル・メールの市長マドレーヌと出逢い、彼の経営する工場で女工として働き始めるが、人間関係のトラブルに見舞われ、マドレーヌの知らないところで工場を解雇されてしまう。娘のためにありとあらゆるものを売ってしまった彼女は、路上生活者になってマドレーヌを恨む日々を送るようになる。ある冬の日、病に倒れてしまったところをマドレーヌに救われる。マドレーヌにコゼットをモンフェルメイユから連れ戻して欲しいと懇願し、彼もそれを了承するが、マドレーヌには衝撃的な過去が隠されていた。
彼の本当の名はジャン・ヴァルジャン。一切れのパンを盗んだ罪で19年間も牢獄にいた服役囚だった。しかも、現在も警察に追われているという。そんな彼を刑事ジャヴェールが追い詰めていく。
紆余曲折はあったものの、ファンティーヌの約束を果たすべくモンフェルメイユに着いたジャン・ヴァルジャンは、クリスマス・イヴの夜、村外れの泉でついにコゼットを見つけ、二人の新しい生活が始まる。




レ・ミゼラブル 少女コゼット アニメランキングに投票する! up
→続きを読む

2008/1/1 (火) 更新
| コメント&トラックバック(0) | トラックバックURL |

カテゴリ: ら行

無料アニメ動画 更新状況


当サイトの更新情報をお届け!フィードの購読はこちらから。



サブコンテンツ

放映中のアニメリスト

-日曜日-

-月曜日-

-火曜日-

-水曜日-

-木曜日-

-金曜日-

-土曜日-

リンク

-アニメ系-

-音楽動画系-

-ゲーム系-

-新着サイト-


当サイトでは、相互リンクサイトを募集しております。
下記またはお問い合せにてご連絡下さい。

↓